スマホのGPS情報に注意!

最近のスマホにはほとんどの端末にGPSが搭載されています。カーナビ代わりになったりとても便利なものですが、時にプライバシーを脅かす存在となります。カメラで撮影した写真には撮影した機器のモデル名、焦点距離からフラッシュの使用有無などまで詳細に情報が記録されているのですが、その中にGPSを使用した撮影場所の位置データが含まれる場合があります。写真をSNSにアップロードすることで位置情報が公開されてしまうのです。端末の設定で位置情報を使用しないように設定できるので、正しい設定を行うことが重要です。

スマホのアプリに注意!

スマホのアプリは便利なものが多く、いろいろなものをインストールしているのではないでしょうか。ですが、信頼できる作成元のアプリでないと、プライバシーを脅かす怪しい動作をしているものもあるのです。OSにより、インストール前にどの情報を使うか明記されているものや、初回起動時に使用許可をするかしないか設定できるものもありますが、例えば電池の持ちを良くするという謳い文句のアプリで電話帳データを使用すると書かれている場合、電話帳データを外部に送信している可能性もあります。信頼できる作成元で、無関係のデータを使用していないアプリを選択することでプライバシーを守りましょう。

スマホ、パソコンを手放す時に注意!

パソコンを廃棄する場合や、スマホを下取りに出す時など、自分の手から離れる時にはデータを完全に消去することが必要です。パソコンやスマホでフォーマットの処理をしたから安心だ、などと考えてはいけません。専用のソフトを使用すれば簡単にデータを復旧させることができるのです。消去用の専用ソフトを使用して復旧できないように消去するか、物理的に破壊してしまえばデータの復旧は行えないので、プライバシー対策を行ってから手放すようにしましょう。

シュレッダーに通すだけで、紙が粉々になります。住所や名前など、個人情報が印字されたものを捨てる時に大活躍の機械です。